時代祭(2015・10・22)

京都三大祭の一つで歴史は新しい。平安遷都から1100年目を記念して明治28年、桓武天皇を祭神として平安神宮が造営され、10月22~24日記念祭が盛大に行われた。この平安神宮の大祭及び建造物、神苑保存の為、市民によって組織された平安講社によって記念祭の終わった10月25日に延暦から明治に至る千余年の文物、風俗を模した行列が行われた。翌年から毎年遷都の日に当たる10月22日に行われるようになったのが…

続きを読む

女傑・広岡浅子が生きた大阪(2015・10・17)

9月28日から放映のNHK朝ドラ”あさが来た”を見て、幕末から大正にかけて苦闘した大坂の企業家達に興味を抱き、ミーハー気分で広岡浅子の生きた大坂を散策した。 大同生命本社ビル(肥後橋) 浅子が嫁いだ加島屋があった所に大正13年ウオーリス設計の旧大同生命ビルが建ったが、平成5年(1993)ウオーリス建築事務所と日建設計の共同設計で竹中工務店施行で新本社ビルに生まれ変わった。ウオーリスの妻・満喜子夫…

続きを読む

京都・伏見の街散策(2015・10・7)

学生時代の仲間と久し振りに”鳥せい本店”で飲む事になり、伏見の街を散策した。歩くと汗ばむ程の秋晴れだった。 老舗の京料理店。鳥羽・伏見の戦いの時の弾痕が残る京町屋風の”魚三桜”。 寺田屋 大阪と京都間の通船”三十石船”の京側の発着地の一つ南浜に、”寺田屋浜”と言う船着き場を持つ大きな船宿。維新当時この界隈は大変な賑わいで、寺田屋は薩摩藩の定宿だった関係から、維新史を語る時必須とされる”寺田屋事…

続きを読む