京都・伏見界隈を散策(2016・8・18)

ハイキング仲間と伏見での納涼会が目的だが、37℃の炎天下を少しだけ歴史散策した。 御香宮神社 伏見城の北東鬼門の守護神でもあった事から豊臣、徳川との縁深く、表門は伏見城の大手門。拝殿、本殿は徳川家寄進。境内から湧き出る名水”御香水”で徳川御三家の藩祖と千姫が産湯に浸った。歴史ある神社だが慶応4年(868)鳥羽・伏見の戦いでは薩摩藩の屯所となり、300mほど南の伏見奉行所に陣取る新撰組と戦火を交え…

続きを読む