近場の紫陽花を求めて(2017・6・23)

来週から本格的な梅雨空が続くと言う。最後の晴れ間かもしれないので近場の紫陽花園を訪ねた。 正俊寺 大阪へ出かける時いつも車窓から見かけるJR長尾駅前の寺だが、JR西日本のPR誌に紫陽花の名所として紹介されていた。慶安4年(1651)河内の領主・久見征世が父・正俊を弔うために創建した寺で、境内には約15000株の紫陽花が植栽されていた。様々な表情を見せる五百羅漢の石仏と紫陽花の対比が楽しかった…

続きを読む